2011年12月27日

大締め

志ん丸です!

本日は『落語協会・納めの寄り合い』でした。
落語協会2011暮れの寄り合い.JPG

一年間、皆さんお疲れさまでした!ってんで
それぞれの確認をする?寄り合いです。
檀上は小三治会長、手前の背中は右が笑点でおなじみ、
人気者の林家たい平師匠、左は『我らが三遊亭金八師匠』です。

金八師匠ったら、北の国(北朝鮮じゃありません)のご出身なので
濃い味付けがお好きです。
今回も『ビールにお醤油』をドボドボ入れて召し上がってらっしゃいました。

皆さんも金八師匠と酒席をともになさった時は、醤油をビールやお酒に
足してあげて下さい。きっともう大喜びですよわーい(嬉しい顔)

今年は大震災で日本中が信じられない経験をする年となりました。
落語協会でも、なんとか、なんでも、わずかでしょうが、
なにかやらずにはいられない!
その一つとして復興支援寄席を行い、たくさんのお客様にお運びいただき
且つ、同時に行った募金活動でも、本当にたくさんの善意をいただきました!
みなさん、有難うございます!

この活動は今後も継続することが小三治会長から発表がありましたよ!

志ん丸も個人的には、勉強会の収益金の寄付、また、一門の駿菊師匠に
お声がけいただいたり、あるいは被災地の方から直々お誘いを
頂いて、被災地へお邪魔しました。
大変な状況が続く中、噺家にお付き合い下さり感謝、感謝です。
これからも機会あるごとに、伺えたらと思っております。
僅かな時間ですが、噺家、芸人と一緒の時間はリラックスして
楽しんでいただけたら・・、と思っております。

陸前高田の奇跡の松は、塩害で枯れてしまったそうですが、
なあに、これからじゃないですか!
志ん丸の大師匠志ん朝が他界して、今年で10年、しかし落語は終わりません。
アタシもその後二つ目から真打ちになり、志ん朝の前座だった朝松が
志ん橋門下になって、アタシの弟弟子になり、来年には真打ちに昇進します。
営みは脈々と受け継がれます。
被災地もきっと、きっとよみがえり、立ち上がります!

この一本松がいつの日か立派な松原に甦るように、志ん丸も携わりたいと思います。
陸前高田一本松.JPG

今年も全国各地でお世話になりました。

有難うございます。

来年もどうぞ宜しくお願いします!


今年はここに行けたのがヒットでしたね〜。
タイガースファン、というよりは野球ファンとして、『聖地巡礼』でしょうか笑
聖地甲子園球場.JPG


どうぞ来年、皆様にそしてアタシにも良い年が訪れますように。
posted by 志ん丸 at 20:29| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
師匠、お久しぶりです。
店のブログに師匠のことを書かせていただきました。
このブログへのリンクも貼らせていただきました。
問題があったらご指摘下さい。

本年もよろしくお願い申し上げます。
Posted by 三洞 at 2012年01月19日 12:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/243003039
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック