2016年04月13日

お知らせ:お願い


お知らせ:重要宣伝

桜の季節も過ぎて、本格的に春を迎えました今日この頃
皆様いかがお過ごしでしょうか?

地元深谷市のちいさな映画館「深谷シネマ」にて

深谷市広報でも、お知らせがありましたが
来週17日、日曜日から、アタシ古今亭志ん丸も
落語監修で参加いたしました映画、
「の・ようなもの のようなもの」
が、2週間限定で公開上映されます!

故・森田芳光監督の森田組の出演者&スタッフが集結して、
森田監督の薫陶を受けた、杉山泰一監督のもと、
森田監督のメジャーデビュー、そして日本映画史に
鮮烈な旋風と起こした前作「の・ようなもの」の続編。

森田監督といえば・・・
松田優作さん宮川一朗太さんの「家族ゲーム」
薬師丸ひろこさんの「メインテーマ」
中村トオルさんの「悲しい色やねん」
役所広司さん黒木瞳さん「失楽園」
中居正広さんの「模倣犯」
佐々木蔵之介さん塚地武雅さんの「間宮兄弟」
松山ケンイチさん瑛太さんの「僕達急行A列車で行こう」
などなど、など・・・

映画ファンのみならず、誰しもが一度は見聞きしたことがある
作品を数多く世に出した、そりゃまーあ
名監督!
ですよ。

その森田監督が世に出た「の・ようなもの」の続編として
35年ぶりに製作され、今年お正月に全国公開された続編の
「の・ようなもの のようなもの」
松山ケンイチさん主演、北川景子さん、尾藤イサオさん
でんでんさん、野村宏伸さん、ほかの皆さんと
アタシの師匠古今亭志ん橋も!

不肖志ん丸が携わらせていただきました御縁で
愛する地元・深谷市の「深谷シネマ」での公開です

皆様には、なにとぞご一見いただき、楽しんでもらえたら
こんなに嬉しい事はありません

映画〜?興味無いよ・・・

なんて思っているあなた!

そりゃあ、映画も、アタシのやってる落語も
世の中にゃ無くとも生きていけますとも。

でも、でもでも、そんなんじゃ、生きていても

ちっとも面白くないでしょ!!

あなたの周りにもきっと普通だけど面白味のある人が
きっといます!
それは、貴方自身かも?

映画にも落語にもそんなきっかけ、ヒントが散りばめられています。
ちょっと素敵じゃありません?面白そうじゃなーい?

すこーしだけ覗いて見ようじゃありませんか。

皆さんのお運びをお待ち申し上げます。

長文ですが、ここからが最重要!!!

17日の日曜日から公開ですが、時間は
17〜23日は
午後2:40からと午後8時から

24〜30日は午後0:30から  です。

そして!

23日も土曜日の2時40分の回の前に、
で主演の、駆け出しの若手落語家『出船亭志ん魚』役で
今回も同役で出演した、俳優・タレントの
伊藤克信さんが、舞台挨拶して下さいます
志ん丸も司会進行でご一緒いたします。

ご予約、お問い合わせは「深谷シネマ」
048−551−4592

※火曜日は休館日です。ご注意を。

ながなが失礼しました。

是非是非ご来場下さいませ!
posted by 志ん丸 at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/436585786
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック